産業廃棄物のマニフェスト管理
販売管理・収集業務のシステム開発

お知らせ

2018/02/16 ブログ

ネットの中の産廃情報

廃棄物処理を委託或いは受託する際には、廃棄物の取扱いについて法律をどのように解釈すればよいのか迷うことがあるかと思います。もちろん、行政担当者に問い合わせをすれば回答は得られるのですが、文書で回答してもらえることはなかなか難しい上に、自治体によって考え方が異なることがあります。自治体ごとに判断が異なってしまった後のことを考えると、そう簡単に問い合わせできないですよね。


そんな事情から、疑問が生じた際にはインターネットで検索していらっしゃる方が多いのではないでしょうか。皆様すでにご存知かもしれませんが、ネットにある情報を一つご紹介したいと思います。


皆さんは「疑義応答集」という言葉をお聞きになったことはあるでしょうか。呼び方はいろいろあるのですが、各自治体が法律を運用するにあたり疑問点が生じた際、環境省(昔は厚生労働省ですね)に問い合わせた内容とその回答(通知)がまとめられたものを「疑義応答集」などと呼んだりするのです。自分の疑問にピッタリの回答というのは、そうあるものではありませんが、法律の解釈の仕方・考え方の参考になります。鳥取県様の資料はちょっと古いのですが、電話やファクシミリによる聴取結果も含んでいるので読むとなかなか面白いですよ。

 

鳥取県 廃棄物・リサイクル関連法令等Q&A集(平成14年3月分)
http://www.pref.tottori.lg.jp/28367.htm

 

環境省や各都道府県は、産業廃棄物に関するリーフレットを発行しています。最新の情報を確認しながら、疑義応答集などを活用していくと良いのではないでしょうか。また、法律関係の書籍を出版されている企業が法総合データベースを構築しサービスとして提供しています。そのようなサイトの活用もご検討なさってはいかがでしょうか。

お知らせ一覧