産業廃棄物のマニフェスト管理
販売管理・収集業務のシステム開発

お知らせ

2022/02/01 ブログ

エコアクション21

blog_no42_ea21

 

環境に関する認証としてISOやエコアクションがあります。また、持続可能な発展をめざしたSDGsもあります。その中でも、今回はエコアクション21について改めて書きたいと思います。

 

エコアクションは現在、2017年版のガイドラインで運用されています。一般のガイドラインのほか、いくつか業界別のガイドラインが用意されているのですが、その中の一つに産業廃棄物業処理業者向けガイドラインがあります。

 

2017年版なので5年前かと思う方もいらっしゃるかもしれませんが、産業廃棄物処理業者向けガイドラインは2019年5月13日に公表されました。既に認証を取得した事業者に対しては移行期間が設定され、その期間内に2017年版ガイドラインで更新することが求められていました。もちろん、既に認証を取得されている皆様には、審査人などから連絡があり既にご存じかとおもいますが、2022年3月までに新しいガイドラインで更新を行う必要があります。詳しくは2019年11月に出された「エコアクション21産業廃棄物処理業者向けガイドライン2009年版で認証・登録を受けている事業者様の 2017 年版への移行期間及び移行審査(移行措置)」というエコアクション21中央事務局が発出した文書に書かれています。


新しいガイドラインは何が違うのか、という点については環境省の2017年報道発表「エコアクション21ガイドライン(2017年版)の改訂について」に記載されています。そのなかで印象的だったのがガイドライン第2章:要求事項2で求められている「「代表者による経営における課題とチャンスの明確化」を新たな要求事項とし、審査員の助言を得つつ、中小事業者でも無理なく、環境経営の取組と本業との統合を図るよう求める」というところです。環境のことだけを見て目標を定めるのではなく、経営と環境を一体的に考えていく、企業そのものの体質改善となるような考え方なのかなという印象を持ちました。

 

個人的な考えですが、産業廃棄物処理業は本業そのものが環境につながっていますので、本業をしっかり行うことそのものが環境活動です。選別などの中間処分場において金属くずなどの有価物を混合廃棄物から選別することは、最終処分の量が減ると同時に外注費などのコスト低減につながります。


これを環境目標的に定めるのなら、目標が「売上当たりの最終処分の量の○%削減」となり、その目標達成の取り組みの一つが「有価物の確実な回収」という感じでしょうか。当然、確実な回収をするためにはどうするか、具体的な行動を考えていく必要があります。そしてその数量を記録し、目標を達成しているかの管理を行い、達成できていない場合には原因を探り・・・というPDCAサイクルを回していきます。


このあたりのことは、2009年版ガイドラインでも同じなのですが、2017年版ガイドラインでは、「代表者による経営における課題とチャンスの明確化」が要求されています。これは、SWOT分析などを使って状況分析を行って企業経営の方向性を定め文書にすることを求めているのですが、その際に環境に関する部分も経営の方向性を定めるための要素として盛り込んでいくよう求めています。ネットで検索すると、様式を用意してくれているサイトがありますので、一度見てみてください。「エコアクション21 様式」というキーワードで検索すると、Excel形式の様式集をダウンロード可能なサイトが見つかります。


簡単に運用の流れを書くと、
1 SWOT分析で事業方針を決め
2 事業方針の中の環境に関する部分を達成するための目標を定め
3 目標を達成するために必要な行動をきめ
4 記録を取る
こんな感じになります。


目標を達成できているかどうかの管理も行わなくてはなりませんが、Excel形式の様式集であれば、月々の数値(例えば売上や廃棄物量、水の使用量など)を入力用のシートに入力すると、環境活動の記録シートに転記され、目標を達成していれば○印、ダメなら×印が表示される、といった仕組みになっていたりします。


数ヶ月×印が続いたりしたら、問題報告用のシートで報告する、対策を指示するという活動が加わってきます。


とても面倒に感じるかもしれないのですが、数値が見える化されるとともに、カイゼン活動を行う企業風土を育成することにも繋がります。このカイゼンは、産業廃棄物処理業の場合は収益に直接つながっています。社員数や人材など、いろいろと出来ない理由があるかと思いますが、まだ取り組んでいらっしゃらない企業様は、ぜひチャレンジしていただきたいと思います。その際にソフトウェアなどITの導入が必要であれば、是非お問合せいただきたいと存じます。

お知らせ一覧